RSS2.0
先日のどんぐり拾いの経験から,どんぐりの遊びが始まっています。 年長なでしこ組はどんぐりの制作をしました。 自分のどんぐりが出来上がると子どもたちから「これを動かして遊びたい!」という声が上がり, 急遽竹ひごを用意して,ペープサートにしました。 どんぐり一つ一つに表情があり,子どもたちが思いを込めて作ったことがわかります。   自分のどんぐりが動かせるようになると「お話にしようよ」とあちこちで数人が集まってお話作りが 始まりました。どんなお話になるのでしょう・・・楽しみです! 年少組は自分のどんぐりのおうちづくりをしました。 おうちの箱は,年長もも組からばら組にプレゼントされたものです。 もも組は自分の箱を作った後もたくさんの箱ができたので 「そうだ!ばら組さんにもあげよう!!」とプレゼントしてくれました。 ばら組はさっそく自分の箱に好きな絵を描いていました。 制作を通して,どんぐりをより大切にしたり,秋を身近に感じたりできるよう 色々な活動に展開しています。